新潟から福島 6


 会津若松で少し時間を割いてみることにし、8時半の3番列車の予定を2番列車に変更することにした。

09/7/5 424D 会津川口 704
→ 会津若松 904




車番を見ると昨日と同じ、
会津若松まで行き、最終の会津川口行きで
戻ってきたらしい。


暑くも無く、寒くも無い。


まだカップ酒もあります。


朝食より早い出発となり、朝食はおにぎり。


会津川口駅を


出発。


会津中川近くの集落


上田ダムの上部が見える。


只見川第四橋梁を渡る。




併走する車から撮影やら、
踏切での撮影やら、只見線見物が多かった。
何度か見かけた車もあるので、先回りしてるようだ。


只見川第三橋梁を渡る。
この辺りの橋梁を渡る鉄道写真はなかなか良い。


背後から見る宮下ダム。


こちらはダムの前方。


会津宮下に到着。


3分ほどの停車。


只見川第二橋梁を渡る。




この辺りが第一橋梁を渡ってるのだろうか。


枚数が多く、今更ながら判らなくなってる。


会津桧原駅


この辺りから只見川は見えなくなる。




会津柳津駅
会津宮下辺りから部活で通学する学生が目につく。


山間部から会津盆地に出る。


会津坂下に到着。


10分の停車。


タブレットを抱える駅員。


下り列車が到着。


会津坂下駅


タブレットを交換し、まもなく発車する。


それから40分。一駅毎に客が増え、会津若松に到着。

 こんな鉄道での汽車旅が自分の旅行スタイルの原点だったかと再認識した。翌年になって、韓国タイと列車での移動を絡めているのも、この時の影響が大きかったのだと思う。また、いつか磐越西線の新潟・会津若松間と絡め、冬の只見線にも乗りに行こうと思っている。その時は新幹線で行きます。

前へ 日本全国空港めぐり 次へ