新潟から福島 5


 会津川口に行けば民宿の数件ぐらいはあるだろうと、出発数日前まで何も考えていなかったが、一応、調べてみる。近くに温泉があるらしい。玉梨温泉の恵比寿屋に泊まることにした。


駅まで出迎えてもらう。
一人部屋なので狭いです。


窓の外を流れるのは野尻川。
会津川口で只見川と合流するので川口と言う。


赤い橋が対岸へ渡る。


小さな小屋は玉梨温泉の共同浴場。


入浴後、夕食です。




冷えたビールが美味い。


食前酒のこくわ酒


シシ茸の甘煮、ざくざく野菜、
鰊の山椒漬、海鮮サラダ


ふきとじゃこの炒め物


山芋そうめん、しめじ、京菜


天ぷら


生湯葉、自家製黒こんにゃく、
玉梨青葉と豆腐


これは別予約の馬刺し
結構、量が多かったので、
これは追加しなくてもよかったかも。


ヒメタケの野菜スープ


沼沢湖産姫ますの塩焼き


茶碗蒸し


地酒3種(栄川、花泉、名倉山)
どれも美味しい。


シシ茸の炊き込みご飯


これはデザートでなく、
奥会津の雪山(じゃが芋創作)かな?
お腹は膨れました。


夜の散歩
と言っても対岸へ渡るだけですが・・・
長岡で買った1カップを飲んで
22時頃には寝ていただろうか。


朝起きて、ひとっ風呂浴びる。
結構、早い時間から川原の草刈りをしていた。


昨日は暗くなってからだったので、


再び、対岸へ。


こういう川の流れを見るのも、
昔から好きなのです。


玉梨温泉共同浴場


覗くだけで、浸かる時間は無い。


対岸の玉梨温泉からお湯を引いている。


対岸から見る恵比寿屋。


この谷間に陽が射し始める。


恵比寿屋の隣に建つ八町温泉亀の湯。


ここは玉梨温泉と八町温泉のブレンドです。

 温泉には疎いのですが奥会津の秘湯とのこと。数ヵ月後、家にあった、つげ義春の漫画を読んでいると「会津の釣り宿」という漫画の扉が、洪水被害後のここの写真だった。橋もその時に流され、その後に再建されたものだということを知った。また、機会があったら、只見線に乗って再訪したいと思っている。

前へ 日本全国空港めぐり 次へ