新潟から福島 4



只見からは昭和32年にダム建設用に敷設され、
昭和38年から国鉄となった区間。


雲が棚引く、幻想的な光景。


叶津鉄橋を渡る。






会津蒲生駅
ここから先は1両分しかホームが無い。


山影が川面に映える。




渡らずの橋、只見川第八橋梁を行く。


混雑嫌いなので気乗りしないが、
紅葉の季節はさぞかし綺麗なんでしょうね。


まだまだ本州も捨てたものではない。
車窓100選には納得が行く。


会津大塩を出て


川霧が出始める。


会津越川を出ると本名ダムが見える。




川霧が深くなる。






たまに川霧が線路を隠してしまうこともあるらしい。


川霧が落ち着くと、まもなく会津川口。


只見川を渡る鉄橋が見える。


背後に川霧の立つ会津川口駅。


列車はまだ会津若松へ行きますが、


今日ははここで下車して一泊です。


会津川口駅
駅舎にJA、郵便局が入る。


駅前は小さな商店があるのみ。

前へ 日本全国空港めぐり 次へ