三宅島発フライト
HOME > 日本全国空港めぐり > 2014年の旅行 > 三宅島




三宅島の折り返し時間は1時間。到着が15分遅れたので30分ほどで乗ります。
三宅島からの折り返しは飛行機の欠航が決まっても、それから港に向かって東京へ向かうことも可能なので、往路とは逆に満席です。


小振りな三宅島空港ターミナル。噴火後の空港再開時に移転したそうです。


現在地が現ターミナル。
空港の北半分が高濃度地区の為、風向きによって空港への立ち入りができなくなります。
ターミナルは地区の外ですが駐機場は地区内。
駐機場前にあったターミナルも移転を余儀なくされました。


空港から南へ向かう道。


こちらは北へ向かう道。




NH1850 三宅島13:20〜羽田14:00 DHC8-Q300(JA804K)


駐機場から見るターミナル。


同じように折り返すCAさん?空席どうでしょうか。




保安検査場を抜けると手狭な待合室です。


1台目のバスで飛行機へ。














帰りは3D。1列目は後ろ向き。




次の乗客を乗せにターミナルへ戻るバス。


三宅島の真横に島が?
後で調べると御蔵島でした。距離の割に随分と近い感じがします。


バスが3往復で搭乗終了。10分遅れの出発です。空席待ちのCAさん?も乗れました。


噴火の影響で枯れ木が目立つ三宅島。




離陸して10分も経てば房総半島です。




羽田へ向けて降下中。






15分遅れの到着です。満席なら後向きシートに座りたかった。






これから出勤します。15時か。
そんな事情なので、今回は乾杯はありません。


「往復の搭乗ありがとうございました」といただきました。

一応、島への滞在は義務としてますので、三宅島は再チャレンジします。

2月上旬は就航率が高かったのか、翌日と10、11日と飛んでます。
2月の就航は11日。休日の就航は2日のみでしたので、この日に飛んでよかったと思います。
ちなみに3月は5日の就航で、最後の運航は3月30日。最終日の31日は離陸したものの羽田に折り返しでした。

4月から新中央航空が調布から就航。日3便に増便と共に就航率も大幅にアップ。
就航条件は大差無いはずと思いますが…。


前へ 日本全国空港めぐり
海外・国内旅行(2014年)