ベニート・フアレス国際空港


 大空で乾杯! > 海外旅行(2017) > ANA初便でメキシコ・キューバ(2017年2月)
 ページの下へ


 初のメキシコシティです。メキシコシティには1998年の初アメリカの際もデルタ航空のキャンペーンで、アエロメヒコに乗る必要があったのですが取り止め。その時以来行きたいと思ってましたが19年も経ってしまいました。メキシコにはその代わりにサンディエゴからティファナに、バンコク発券でロサンゼルスへ行く度に計三度ほど行ってますが、それも既に20世紀です。


機の右側に到着するベニート・フアレス国際空港ターミナル1。


滑走路から右に曲がらず、反対側のターミナル2のある左側に曲がります。


ターミナル2側を降りてきた滑走路中程まで戻り左に曲がって降りてきた滑走路を横断。


たぶん誘導路が手狭なターミナル1側を避け、スポットにほぼ直線で入れるルートを選んだのかと。


放水シャワーはスポット直前です。




放水シャワーを過ぎたら、すぐに停止。到着は定刻2分前の13時53分。


TACA旧カラーのアビアンカ・エルサルバドル。



降機も最後の方なので反対側を見る余裕もあります。


メキシコのLCC、Volaris。


隣はアビアンカ。アビアンカもTACAも合併前に新塗装となり、どちらも短命。
その向こうはLANカラーのLATAM。こちらもターミナル2側に新カラーの機が停まってました。


なぜか流れてなかった「Another Sky」。エコノミーのパーサーがパネルをいじって流すところを見て、到着7分後に降機です。



ボーディングブリッジも、なかなか進みません。FCバルセロナの写真で飾られてます。


進まなかった理由は現地メディアの歓迎。


撮影不向きなターミナルです。


ここでも手土産です。



搭乗口前


折り返し出発は半日後ですが、準備ができてるようです。


イミグレーションの絵画がメキシコに来たことを感じさせます。


入国したらテキーラの歓迎。免税店の試飲です。よく見るとANAの乗客は10%オフだったようです。今から思うとテキーラを買うタイミングはここぐらいしか無かった。


既に荷物もコンベアーから床に並べられ税関を通過。マリアッチの歓迎です。


最後はANAのTwitterより放水シャワーの様子です。

 海外旅行(2017)   前へ   次へ      ページの先頭へ